Connecting producers with consumers. Valuing the hometown scenery and memories. Enjoying the shared joy of harvest.
Appreciating the sun, the earth, and water from the bottom of our hearts. Rejoicing the deliciousness.
NEWS
みのりとみのる つくり手を訪ねるツアーvol.1
2011.03.22

2011年2月11日、あいにくの雪の中、“みのりとみのる つくり手を訪ねるツアーvol.1”が開催されました。第一弾の主役に選んだのは旬のいちご。 銀座三越9Fみのりカフェ&みのる食堂で開催告知したこのツアーは、(1)JAあだち野直売所「桜国屋」、(2)地元食材を使ったフレンチ、(3)岸井農園でのイチゴ狩り、(4)川越散策、(5)文楽での酒蔵見学とリキュールづくり、(6)つくり手を交えた利き酒&夕食交流会、と盛りだくさん。
tsukuri1.jpg
↑「桜国屋」には地元の新鮮な野菜、花、金魚まで!
tsukuri2.jpg
↑北本市「ダンデライオン」では地元食材を使った料理を堪能   tsukuri3.jpg
↑岸井農園では園主の岸井さんから脱サラして農業に転身したきっかけをうかがい、 JAあだち野のTACからも美味しいいちごの選び方を教わりました
tsukuri6.jpg
↑岸井さんが愛情を込めて大切に育てた「べにほっぺ」「章姫」

<皆様からのご感想>

★ 岸井農園

  • 食べごろのいちごが充分にあり、甘くて、大きくて、美味しかった。
  • イチゴも摘みやすくて、美味しかった。
  • 設備がとてもキレイで安心感があった。
  • いちごへの愛情が感じられた。
  • ハウスの設備について詳しく教えていただく事ができ、農業はつらいきついところから、人に優しい産業へなりつつあると感じられました。

★ 酒蔵文楽

  • 若い方が活躍されている現場で良いものを作ろうというイキイキとした熱意がありよい会社だと思いました。
  • 清潔でとてもセンスがよく、近郊にこんなに美味しいお酒が作られているとは思いませんでした。

★ 全体的

  • 生産者の話がよく聞けて良かったです。
  • 寒い中でしたが、皆さんあたたかくてよかったです。
  • 体験あり、おいしいのあり、満足できました。
  • 普段何気なく口にしている食べ物、飲み物、どのように作られていて、どのように自分達の口に入るのか意識していなかったけれど、実際の生産者さんとのコミュニケーションを気に、より身近に感じました。また、是非参加したいです。
  • つくり手の方と直にお会いして、お話を聞けるというのは大変貴重でこれからも応援したいと思いますし、消費者として安心して購入することができるので素晴らしい企画だと思います。

生産者さんが丹精込めて作った食材と向き合い、心を込めてお客様に提供している「みのりカフェ」「みのる食堂」(MINORI MINORU PROJECT)は、これからも、楽しく満足していただけるようなツアーを企画していきます。